プレゼンで人前に立つ仕事をしているときに悩む汗

あたしが汗に関する事で困っているのは、とりわけ、ワキから出る汗です。

中でも、一番困っているのは大量に汗をかくことです。

この汗の種類は水なのか、あぶらなのかは分かりませんが、昔会社でスーツを着て働いていた時は、上着の外側まで汗が響いていました。

多少の汗染みだったら、簡単に乾いてくれそうだけど、非常に多いのでジャケットまで浸みるし乾かすのも大変です。

もちろん某社の『ワキ汗用シート』といったものも貼っているのですけど、それでも抑止できませんでした。

汗の量が半端ないので、シートの吸収量では追いつきません。

プレゼンテーションなど人前に立つ仕事をしているときは大変困っておりました。

二番目に頭を抱えているのが汗でできるシミ。

白いシャツなどはたいてい黄ばんでしまいます。

夏など洗濯した後の服を確認しないと、黄ばんでいる事もあるため気づかれていないかとひやひやします。

今現在は仕事はしておらず、主婦として暮らしているので、スーツでの困りごとはなくなりましたが、白シャツでの黄ばみや、グレーなど中間色で汗じみが分かりやすいカラーの洋服を着ることはありませんし、ノースリーブを着るなどしてなるたけわきに生地がつかないように気を付けています。

本当に面倒な問題です。

ちょっと天気が良いだけで汗がダラダラと流れてしまい、女のくせに多汗症なのは、恥ずかしい思いをするのです。

夏のデートは、いつも室内デートになるのが、せっかく天気が良いのにもったいないなといつも感じてます。

とても恥ずかしい思いをした苦い記憶のあるデートは、気になる彼とお台場のデートでした。

みんなの夢大陸をやっていて、GAMEとか、屋台で食べ物を買ったりしてたのですが、アトラクションに参加するために行列に炎天下の中に並んでると背中に大量の汗をかき、見なくても流れているのを感じてました。

キャミソールだったのですが、背中を彼に向けないようにしました。

でも、結局「背中の汗すごいね」なんて言われ、その場から逃げ出したくなるほど恥ずかしかったことがあるのです。

それからは気分が下がり、デートなんて出来なくなったのです。

それ以降は、天気のいい日のデートは外でしなくなったのです。

わたしの汗を見て、引いている彼の顔が頭から離れません。

わたくしは小さい時から汗かきなのが嫌でした。

通学時間の電車が混雑していると汗が吹き出します。

周りの人がわたし自身をクサいなんて思っていないかと、不安になっていたのです。

高校時代の夏休みに友だち数人と遊びに出かけた際、友だちがあたしのわきを見ていました。

気づくと、Tシャツのワキが汗で濡れていて、恥ずかしい思いをしました。

会社員だったとき、最寄駅から徒歩十分以内の所で生活していましたが、夏は家できっちりと化粧をしても、駅へ到着する頃には汗のせいで化粧は崩れています。

夏場以外でも、緊張状態になると汗だくになるのです。

家庭教師のバイトをしていて、初仕事のときは緊張していたので汗が流れていました。

代謝していると考えたらと考えればいいことなのかもしれません。

しかし女性ですので、恥ずかしくなります。

これまでの経験から、私なりに汗対策もしているのです。

両わきには汗取りパッドを使うようにしています。

グレーの色の服を着ると汗じみが目立つので汗取りパッドは必須です。

夏は度々化粧を直したり、タオルも常備しています。

汗においての悩みは、その方が引け目を感じてしまう為悲惨な一面があります。

髪型が決まらないだとか、ファッションの悩みだったら、大した問題ではありません。

ある程度才能のある美容院のスタッフさんに助けてもらう事で、いとも簡単に解決するということもよくあるのです。

ですが、汗の困り事は深刻な一面もあるのです。

なぜかというと、その人の肉体に起因するということも考えられます。

そして厄介なことに、汗の悩み事って、自覚しにくいということです。

そのため、当の本人は汗のニオイなんてしないと思っていても、周りを不愉快にしているという事態になるかもしれません。

汗においての悩みはそういう点が切実なため、解決策はなかなかないと思うのです。

デオドラント剤を使用しても、その人の体質に合っていなければ、汗臭と混同してしまい却って臭くなってしまいます。

なので、汗の悩みに関してはなるたけ周囲の人に早い段階で相談する方がいいのではないでしょうか。

 

とてもかわいらしい女の子から放たれているわきが臭

ある程度の体臭は誰にでもあるものだと思います。

私の仕事後の足元のニオイなど、鼻に入るたびに今日も隠し通せたぞ、なんて思っていました。

今からうん十年前の11歳の頃にある臭いに衝撃を受けたのが今でも頭から離れません。

それはまったく馴染みのないにおいでそれはそれは強烈なものでした。

その臭いは、いつも学校にいる時に臭ってくるのでした。

何のにおいかがはっきりして、私はジレンマに陥りました。

そのニオイは、よく遊んでいたとてもかわいらしい女の子から放たれている、わきが臭でした。

あたしはその子にどうしても言えませんでした。

美人で、マドンナ的存在だったから尚更です。

しかし、ある夏の午後。

彼女のTシャツの両ワキのところが、汗ばんで見えたのですが、次に見ると黄色っぽくなっていました。

子供心にも同情して、クラスメイト達が気付き始めたので、友達に体育着に取り替えるよう助言しました。

あんなにモテていた子がそれをキッカケに、変な目で見られるようになってしまったのです。

私はとても複雑な気持ちになりました。

臭ってると教えたのもその子のため思ってのことでした。

その時は気まずい空気が流れていましたが、その子はお母様に悩みを打ち明けて専門医にかかったら臭くなくなりました。

しばらくして友だちに私がハッキリ伝えた事に対して礼を言われ、言うのがちょっと遅かったかなと後悔しました。

かわいらしい子だったぶん、男の子たちは引きまくってしまったようで、それ以来人気は急降下してしまいました。

思春期特有なものでしょうね。

それから、わたしなりに身体のニオイには気を使うようになり、「清潔」を心掛けたり頻繁に汗をふいたりしています。

ですがこの頃、「加齢臭」だけはどうしようもないなと悩んでいます。

この頃、年を取ってきたためか、自身の鼻でウデなどのニオイをチェックした時に、「加齢臭」が出ているような感じがして、ひどく気に掛かっています。

そのため、石けんを柿渋石鹸に置き換えたり、いい匂いの制汗デオドラントを使用したりして、臭くならないように気をつけています。

だけど、お風呂に入ったあととかデオドラント剤でケアしたての時は勿論臭くないのですが、時間の経過とともにニオイが出てくるような感じがあるのです。

両親が言うには、年齢が上がればどんな人だってにおい出すんだから大丈夫、とのことですが、やっぱり気になるものは気になるというのが本心です。

母親には、「香水で何とかなるんじゃない?」と言われましたが、自分自身、香水の香りは気分が悪くなっちゃうのでイヤなのです。

ですから、それはあまり気が進まない。

一日の間のケア回数が少ない効果のあるようなケア方法がないものか、情報を収集している最中ですが、レモン果汁を薄めて吹き付けると良いという体臭対策を発見しました。

レモン果汁なら、さっぱりした匂いですし、天然成分だけだし、いいかもと思いました。

肌がかぶれたりとか問題点がなければ挑戦してみたいと思っています。

みなさまは、体臭を気にしていますか?体臭といってもいろいろとあると思います。

いっぱいありますが、その体臭の中でもワキが臭っていないか気になるのです。

気にはなるけど自分自身のニオイというのはまったく気が付きません。

それに、友達の中に教えてくれる人なんてそんなにいないと思います。

自身も実際に臭いがしているのかどうか気掛かりですが、知る由もないのです。

近くでにおうなというのは気づきますがなんで自分の匂いは難しいんでしょうね。

私自身がやっているのは、ワキに消臭スプレーをする、ムダ毛のお手入れをする事くらいだと思います。

現時点ではこの程度のことしか思い浮かばないのでこれまで通り頑張りたいと思います。

それ以外のことだと、体の中でも口臭も気になってしまいます。

なにげなく話していても臭っていないかなと思い歯磨きを多くしちゃいます。

けれども、虫歯がお口の臭いにかかわりがあるみたいです。

私自身には治療していない虫歯がある為もしかして匂いするかななんて思っています。

なので、アメとかガムなどを口にしている時間が多くなります。

良い香りを発している人にどのようにしたらそんな風になれるのか教えていただきたいです。

いい香りのする人になりたいな♪

運動した後、すっごい汗が臭い時ってないですか?臭わない時もありますし、だいたいニオイがあるため、どうして臭いのか分からず汗ふきシートとか、デオドラントスプレーで、ニオイがしないようにしていたのです。

自分自身がクサイと思うなら、周りもにおいますよね?女なのにニオウなんて印象が悪くなるし、クサイ臭いがする人から遠ざかりたいと思ってしまいます。

ですので、体臭をなくしたいと思ったので自分自身で調べてみたのです。

その原因は好んでお肉を食べていたからという事だったのです。

肉を摂った次の日にスポーツをした場合、汗臭くなると気が付きました。

脇の汗の臭いもします。

お肉食べたからというのもありますが、昔からお肉が大好きなので毎日お肉を食べている生活をしていました。

そこでまず、食生活を見直そうと思って、魚とかお野菜を中心にしたメニューにしてみたのです。

お肉はスタミナになるため、食べなかった場合活力がなくなるのでお野菜・魚・お肉を日替わりで食べるようにしてみました。

すると、汗臭がしなくなりました。

食生活だったんですね。

これから先もバランスの良い食生活を心がけていきます。

 

どうして自分自身の臭いって気付くのが難しいのか

皆さんは、体臭を気にしていますか?「体臭」と言っても色んなものがあります。

複数ありますが、その体臭の中でもワキが臭っていないかということを気にします。

気にはなるけど自分自身のニオイというのは全く分からないですよね。

とはいえ、周囲の人で言ってくれる人なんていません。

私自身も本当にニオイがあるのか気にはなるのですが、知る由もないのです。

近くでにおうなというのは気づきますがどうして自分自身の臭いって難しいんでしょうね。

わたしが行っているのは、脇用消臭クリームを塗る、まめに毛の処理をする位にしかできません。

今のところこの二つの事しか考え付かないのでこのままガンバります。

その他に気になるのは、口のニオイが気になるところです。

話をしているだけでも臭わないかなと思って何度も歯磨きをします。

しかし、虫歯と口臭も関係あるみたいですね。

私は治療できていない虫歯があるのでひょっとして臭うかなと不安になります。

そのため、アメやガム等を口に入れている事が多々あります。

ほんといい匂いする方にどうやったら良い香りがするようになるのか教えてほしいと思います。

目標は良い香りのする人!です。

今、困っている事があります。

職場にいる時のニオイです。

厳密に言えばわたしのすぐ後ろ側に座っている女の人の香水臭がすごいんです。

暑いシーズンには臭くなかったので疑問に思っていたのですが、冬はなかなか換気しないからだったのね。

先日、月の物で調子も悪いのに仕事に向ったら、予想通り気持ち悪くなっちゃって参ってしまいました。

そうは言ってもまあ普段は耐えられないほどでもありません。

やっぱりお局様クラスの人なのでハッキリと言える人はおらず、結果的に放置状態といった感じ。

ちなみに私のすぐ隣に座っている同期の子は慢性の鼻炎なので臭いかどうかよく分からないんですって。

「鼻づまり」と「臭さを感じる」のってどっちがいい?って感じ。

イヤな言い方じゃなくそれとなく忠告してあげたいけれどそんなものはない?あぁ、本当に難しいですね!因みに香水臭のするその人は周りの人の臭いが嫌いみたいで、暑い季節の汗の匂いを鬱陶しがっているみたいなのです。

それだったら「自身のニオイも分かる鼻を持て!」ですよね。

いま現在はまだ大した事ありませんが、今後も香水臭を嗅がされつづける事を思うとゾッとします。

私本人ではなく、夜間勤務のコンビニにくるお客さんなんですが、出勤する前はニオイがないのですが、休憩にお弁当を買いに来るとき、帰りがけに何か買っていくときに、ヘンな匂いがするのです。

ワキガでもありそうな、ボンドの臭いみたいななんとも説明しづらい若干鼻にケンカを売ってくる臭い。

多分向かいの内装材加工業の社員だからそういう所のにおいは衣服に染み付くと思います。

そして、プラス何かのニオイ・・・・。

一体何?仕事の時間帯が毎日違うから、疲れて臭いが出てる?な訳ないよね。

そしたら朝まで働いている私もっと臭くなってるだろうし、ハッキリ言って、休憩時間とかに体拭くとか着替えをすることを本当に勧めたい。

結構常連客のなかではカッコイイ方なのに、その妙な体臭と、塗料みたいな匂いがあるのが勿体ない・・・。

貴方のご同僚は平気なんだけどな-。

同僚も教えてあげればいいのにね。

何となく気の毒になってしまいます。

主人はまだ付き合っていた頃は「この人って腋臭があるのかな?」と感じたことがありました。

とは言っても腋臭というものがどんなニオイなのかといった事を知らなかったのですが、酸っぱい感じの臭いとは異なるニオイというのはなんとなく聞いていました。

旦那さんの臭いは物に例えるとなると悩んでしまうのですけど、苦い臭いっぽい感じですか。

果物でこんな風に臭うものがあったのではないかと思いますが、びわとかいちじくだったかな…。

暑くなるとニオイがするのですが、こればっかりは当人に話せません。

しかし、時たま「臭い嗅いでほしいんだけど」と脇を鼻の近くに持ってこられましたが、やはり苦い臭いがしましたが「何も臭わないよ」と言ったのです。

そして旦那と結婚して一五年という月日が流れましたが、もうずっと臭いはしません。

主人には2人兄が居るのですけど、お盆や正月には実家に帰ってお泊りします。

お盆の時に、お風呂から上がったばかりの義理の兄がいたのですが、臭いのです。

古い家なのでシャワーもないですし、義兄たちはしょっちゅう風呂に入るので同じお湯を何度も沸かすのだとお父さんが言っていて「もしかすると主人のニオイの元ってこれかもしれない」と思いました。

自分の口から旦那にニオイがあることは言った事は無いのですけど、何方かに言われたのか自分で分かっていたのかにおいを気にしていてデオドラントアイテムをふんだんにワキにつけています。

そして結婚してから実家のお風呂には一度も入ったことはないです。

私と同じように感づいたのかもしれないです。

臭いニオイがするのは実家に原因があったのだと…。

 

汗っかきな体質は涼しい季節でも汗まみれになる

産後休暇が終わり、いよいよ職場復帰です。

ガソリンスタンドでは値段が上がる一方なので産休前より単価がだいぶ上がっててビックリしました。

春に仕事に帰ってきた訳はちょっとでも体を慣らしておかないと汗まみれになってしまうからです。

知っているとは思いますがスタンドは炎天下の中、長袖のポロシャツ、自動車が出す熱でうだるような暑さなのです。

私は汗っかきな体質な為春でも汗まみれになるのです。

猛暑の時期は束ねた髪の毛先からポタポタ汗が垂れるので車に落ちてしまわないように、丸くまとめているのです。

首の所がめちゃくちゃ、焼けるんですけどね。

若い子って、それほど汗をかかないのかな?

なんていうくらい平気な顔をしています。

わたくしはピタッとしたTシャツを下に着てワキの所にタオルにくるんだ保冷剤をはさむようにしたり、ブラジャーの中にも保冷剤をキッチンペーパーに包んで入れて仕事をしないと非常に厄介な事になります。

お化粧の方は、当然お昼までもちませんので午後からはアイブロウが落ちた状態でサービスしています。

車がとっても好きなので続けたいけど、屋外作業でも汗をかかないような何かを考案してくれないかなと毎年願ってます。

私自身は子供の頃から、すごく汗っかきでした。

暑い日に体育館で集会があった日はその時髪が短かった私は、おでこや首から出てくる汗を止められません。

恥ずかしいと思っているほど収まらないのです。

家に居るときは首にタオルをかけるのが必需品でした。

あと発汗するお陰で、汗もができるとゆうわけで、首や肘や膝の関節部分、たいてい皮フ科へ行って処方薬をもらい塗っていたのです。

そして、中学校から高校と長い学校生活を送りますが、そんな思春期の頃は、恥ずかしくてたまらなかったのです。

ですから、汗を拭き取るシートや制汗スプレーは必須です。

襟首からワキ、背中やお尻など、着ている物すべてが汗で濡れてしまうくらいです。

そして社会人になり、冷房にあたっている時間が増えたので、仕事の時は快適になったのですけど、いつまでも事務所には居られず、少しだけ出かけるときとか自動車から降りただけで、いっぱい汗が出ます。

そんなわけで、夏場が迫ると「今年も汗をかく時期が来るなぁ」と憂鬱になります。

自分は汗かきな体質ではないのですが、外でお仕事をしているので暑い時期は汗に悩まされます。

気温が高くて汗が垂れるのはしょうがないのですけど、最も嫌なのは目に入ってしまう事です。

またわたしは眼鏡をかけているので、目に汗が入るとめがねを取ってふき取らないといけないためとても厄介なのです。

汗が流れないように額にタオルを巻いたり、度々汗を拭き取って垂れてこないようにしているのですけど、それ以上に汗の量が半端ない為何回も作業を途中で止めて汗を拭くことがあるのです。

汗をかかないようにするには水分の摂取量を減らせば自動的に汗の量が少なくなるのは知っているのですけど、暑い時期はさすがに水分の補給はちゃんとしないといけないし、また仕事が外だった場合どうしても水分摂取量は増えます。

今は通気性に優れている下着や作業着がでており、汗がベタつく事は減りましたが、おでこから汗がでて流れるのは仕方がないのですが、夏場の暑い時に外で仕事をするのは厳しいものがあります。

暑い季節は、背面から噴き出すほどの汗が出ます。

入浴後は、扇風機を強にして汗を乾かしてからじゃないと、パジャマを着られません。

お風呂上がりは家だから問題ないのですけど、夏の時期の満員電車は最悪です。

背中を流れる汗が分かるのです。

綿のインナーを着て、仕事の前に下着だけ一旦着替えるのが朝の習慣です。

脇の汗は一般的じゃないかと思うのですが、この部分は現在ではすごい効き目のある制汗商品を利用しているので、結構ピタリと止まってくれています。

この制汗剤、背中にも使えるのがあったらいいななんて、思います。

けれども、顔の部分には全く汗をかかないため顔の熱を放出出来ない為、真っ赤になってしまいます。

熱がこもった結果、頭が痛くなってしまいます。

メイク直しの手間は有り難いことに無いのですけど、私一人だけが真っ赤な顔をしています。

皆に病気なんじゃないかと思われてしまうくらいなのです。

汗をかかないというのも不安だし、滝のように流れる汗もイヤ。

私自身が汗で悩んでいるのはカラダの部分部分で違い過ぎる汗のかき方でしょうか。

 

汗を正常にかくことができるように身体の調子を整える

汗についての悩みでよくあるのが、発汗量が多いという事です。

だけど、適切な時に汗が出ないのも、困ってしまいます。

汗においては、デトックス効果もあり、身体の温度を調整してくれるという面もあります。

なので、汗を忌み嫌うような事じゃないのです。

適切な時には、発汗しなかったら逆に病に襲われることもあります。

ですので、汗を正常にかくことができるように身体の調子を整える事を心掛けましょう。

例えば、半身浴なども良いことです。

それをするときに勘違いしやすいのは、やたらめったら高温のお湯をいれ、湯船からすぐに出てしまうことです。

あんまりにもお湯の温度が高いと、体に良いものではないし、そんな半身浴の仕方では汗をしっかりとかくことが出来ません。

汗の悩みで、適切な発汗が出来ないときは、自律神経の問題であることもあります。

適した温度のお湯にゆっくりと浸かり、自律神経を整えてあげることで、適切に発汗できるようになるのです。

高校時代に、親しい友人と学校を卒業したらどんな職業に就きたいかという話をしていて私はちゃんとした将来の目標なんて持っていませんでしたが、その友達はヘアデザイナーになると言う夢があり、美容師になってみんなをかわいくしたいといっていたのです。

手先が器用な子で、朝からあたしの乱れた髪の毛をキレイに整えてくれたりして器用だななんて思っていました。

ですがそのお友だちが悩んでいる事が体の各箇所に汗をかく「多汗症」という病いで、体育の時なども体育館で裸足になると足跡が分かってしまうほど濡れています。

掌は常に湿った状態なので、握手をしたり髪の毛を触る時には「気持ち悪いんじゃない?」などという事を、聞かれていたのです。

私自身は親しい仲だったのでいたって普通なのですが、そこまでの仲じゃなければ握手をする時とか、少しは嫌な気持ちがするのかもと思ったのです。

ですが、その子の夢は美容師です。

大変悩んでいたのです。

悩みを聞いたからと、まだ高校生で多汗症という症状も分からず知識のないあたしには何もできることなんてなくて…。

だけどそのお友だちは夏の長期休暇に入院をして多汗症を治す手術を受けたと夏休みが終わった時に言っていました。

手に汗をかかなくなったみたいで、汗の病気とかその手術がある事は知らなかったのです。

今では夢を叶え、繁華街のよく知られている美容院の店長をやっていて雑誌で紹介されていました。

掲載された記事をを見るたびに喜ばしく思っているのです。

私の自慢の親友です。

私は汗が出ると周囲にどう思われているのかを不安に思うのです。

自分でもベタベタして嫌だし「何でちょっと動くだけで汗が出てくるのかな」って思うのです。

働いている時などで汗を凄く出てしまうので、タオルと着替えは必需品です。

直に言われたりしていませんが、周囲の人に臭いと言われていると決め込んでいるのかもしれません。

聞いた事すべてをマイナスに考えているとも思うのです。

汗をかくのって一般的なことですしみんな一緒なのに、それを責める人もいる為、そうなると自分の気持ちをどう切り替えるかが重大なのだろうと思います。

言いたい奴には言わせればいいという風に考えるのって難しいなと思ったのです。

知り合いに迷惑をかけたくないと考えるのって普通の事なんですけど、汗を気にするあまり友だちに気づかいさせていては何の意味も無いし自分も心苦しくなるので気にしないようにしています。

気配りは大事ですが自分が苦しむまで気にしなくても良いなと思ったのです。

他人を非難する人は何かあれば責めると思うので、汗臭の事だけでなくさまざまな事にクレームをつけたいんだなと考えています。

私自身は太ももの裏から下に汗をかく性質です。

軽い運動をしただけでそこのところに汗をかくので、見た目は漏らしたみたいになるので、悩んでいるのです。

学生の頃、真夏にしゃがんだりすると、即座にそこから汗が出てきてしまい、ふくらはぎに汗が伝い、クラスメイトに揶揄された事があったのです。

それはかなり傷ついたし、自分がおかしいのかと思って家族に相談したこともありました。

親もかなりの多汗症な為「遺伝が関係しているんじゃないの?」という事に落ち着いたのです。

親族に太っている人はいませんが、ともかく暑がりで代謝の激しい素性なのです。

少しランニングすると大量の汗がでるし、夏場に湯船に入ると逆にダラダラと汗が出てくるのです。

ですから、この体質は仕方ないのかなぁと半ばあきらめ、汗が目立つような服を着ないようにしているのです。

私的にはグレーや黒はムリですね。

夏は、電車の椅子にも座らないようにしています。

非常に頭を抱えています。

この数年間で、足臭が悪化したことが、近頃の悩みです。

その原因は、履く靴がスニーカーだったのがパンプスに変わった事も関係あるのかもしれない。

家で裸足のときは感じませんが、クツを脱いだとたんに激しい臭いに襲われる。

友人たちには、「疲労が溜まると体臭が変わるからね」なんて、慰められるのだが、お友達の家にお邪魔する場合や飲食店の座敷など、臭うと心苦しいし…。

自宅で出来る限りのお手入れしているのです。

シャワーの際には、携帯で調べた洗い方を実行したり、靴はしょっちゅう洗うようにしたり。

だけど何時間も立ち仕事で歩き回ると夜には必ず臭います。

これは、ずっと立って働いている人にとっては当然のことなのですかね?学生だった頃や部屋で素足の時はニオイはなくて、誰かと一緒にいるとき(出かけている時)に臭うのでとっても気になってしまう。

お手入れ方法をインターネットで調べ、すべて行い次の日に匂ってしまうとすごいショック…。

水虫とかも考えるべきなのか…。

ずっと臭うようになったら、診てもらった方がいいのかな。

足の裏に大量の汗をかいて臭くなるならチェック⇒足汗対策

 

夏はすごく体臭が気に掛かるので予防策を講じている

今回は私が実行している体臭対策を書きたいと思います。

今のような夏はやっぱりすごく体臭が気に掛かるので予防策を講じています。

先ずとにかく、汗や皮脂汚れを洗い流すことです。

お風呂では臭い取りの効果があるものや殺菌成分が入っているボディーシャンプーなどを使うようにしています。

一日の始まりに時間がある時は朝シャワーをする様にしています。

友だちが、「体臭ケアだったら、インナーは空気がこもりにくい素材で抗菌加工してあるインナーにするといい」とアドバイスしてくれたので、ほぼその様な肌着を使っています。

仕事場でもトイレタイムなどを使って、パウダーイン制汗デオドラントローションを濡れティッシュに染み込ませ、出来るだけ頻繁に拭くようにしています。

仕事で足裏も良く汗をかくため、インナーと同じように蒸れにくく抗菌作用がある靴下を履くようにし、履き替え用のソックスも持って行っています。

そんな風に自身でできる範囲の消臭対策は、特に暑いシーズンには力を入れています。

寒いシーズンにはさほど気にならないのでここまではしませんが、汗をかく夏の時期には必ず防臭ケアをやるようにしています。

自分は以前は現場で作業をする仕事をしていました。

そのような仕事をしていると悩まされるのが汗です。

とくに暑い季節は1日で3回ぐらいはTシャツを替えたくなるくらい汗が出てきます。

仕事のあとも汗臭さが気になっていたじぶんは”エイトフォー”などの制汗消臭スプレーを使っていました。

実際それを使えば多少は改善されるのですが、制汗スプレーだけでは肌がベタベタしているのでボディーシートも併せて使うようにしました。

これによってベタついた肌や汗のにおいがある程度マシになったような気がします。

私が気を遣っていたのは汗のにおいの他にもあるのです。

わたしは足裏の臭いもかなりキツイものがあり、友達の家に遊びに行った際にあまりの自分の足の臭さにフロ場で足を洗ったという恥ずかしい過去があります。

それは恐らく現場作業をしていてかいた汗が安全ぐつに浸透すると共に自分の足まで悪臭がするようになったと思うのです。

こんなことがあったので私はくつ用の消臭スプレーを持ち歩き、安全靴に履き替えるときなどは常にスプレーを吹きつけていました。

これをやるようになってからは自分でも感じるほどの臭いにおいは少しは軽減されてきました。

体の臭いというものは皆一回は心配したことがあるものじゃないでしょうか。

自分も、季節が変わるときとか夏の時期に自身のワキ汗のニオイが心配になったりします。

しかも、デオドラントスプレーをつけ忘れたときは脇を上げたりするのをなるべくしないようにしたこともありました。

自身の体臭って気がかりではありますが、クサイと感じません。

だけど、他の人のニオイってなんだかとても臭く感じてしまいませんか?夫は体臭を気に掛けるようなしぐさは見せないのですが、クツを脱ぐと臭いが充満するためシャレになりません。

さらに、夫の寝室に入ると、カレイ臭ですかね?ピローからすごいニオイが鼻を衝いてきます。

自分自身のニオイのケアはできるのですけど、私の主人は自分自身の体臭に感づいていないので、何もしていません。

会社で事務の女性の方に嫌がられるのもかわいそうだと思い、気付かれないように消臭スプレーをダンナの洋服やクツにかけているのです。

口に出して伝えるとダンナもショックを受けそうだからひっそりです。

「自分が分かっていない人ほど体臭はきつい」なんて聞いた事があります。

ダンナが感づいていないということは強烈なにおいを放っているという事になってしまいます。

なので、それをケアしてあげるのが妻としてのわたしの務めなので、毎日こっそりとスプレーしています。

日中足を突っ込んだままで汗をかいた履物を脱ぐと、それはもう不愉快な悪臭がする。

こういうのは典型的な「体臭」の一つと言えましょう。

だけど、夏場にお出掛けをしてうっすらと汗をかくと、周囲の人にはどの程度までニオイがするんでしょうか?汗が乾いていないうちは、自分でもさほど気に掛かりませんが、少し経つとやっぱり臭ってきます。

もう、この時点で周囲の人に害を与えるようなニオイをさせているんだったら、ただちに良い匂いの制汗スプレーを浴びたくなります。

しかし、デオドラントスプレーは値段が高いので、出来る限り使う回数をへらしたいとも考えています。

万が一、少し汗をかいた程度の体臭では気にならないという人の方が大半だったら・・・。

などと思っているうちに「体臭」って結局何だろう、と思ってしまったのです。

大まかに言えば「身体から発する臭気」という事でしょうが、このご時世にカラダを洗わない人は、ほぼいないと言っていいでしょう。

入浴時も洗髪剤やボディシャンプーなどを使う人がほとんどだと思います。

となると、それはもう石鹸などの香りであって、「体臭」とは言えないのでは?

あるいは、洗髪料などのかおり+自分の汗や皮脂の臭い=「体のニオイ」なのですか?

等と自分自身の臭い足をキレイにしながら悩む今日この頃です。